特撰品

  • 古伊万里 藍柿 鶉杉菜文 盤形六寸皿
    【延宝盛期】

    藍柿と呼ばれる一群は、延宝期から元禄期にかけて、相当数が作陶されています。その中でも、延宝盛期、盛期藍柿と呼ばれる延宝期の作品は、その出来栄えから別格と云えます。そのほとんどは、美術館の所蔵となり、我々が手にする機会は皆無に近い状況です。その盛期作の中でも、更なる別格があります。本品は、まさにその別格で、寸法、筆致、上がり、器体等々、全てが規格外です。昔々に蒐集されたコレクターの方から入手する機会に恵まれました。高額品とはなりますが、必ずや、そのご期待に添えるものと確信いたしております。

    無傷完品です。

    新調の仕立て桐箱をお付け致します。

    ※類似掲載
    『柴田コレクション 総目録』No.1928 同系品
    関和男氏刊 『盛期伊万里』 創樹社美術出版

    無傷完品です。

    口径 18.5cm

    価格は、お問い合わせ下さい。

  • 黒田辰秋 拭漆栃盆【辰秋真作・共箱】

    人間国宝・黒田辰秋の拭漆栃盆です。もちろん、張り合わせではなく、くり抜き技法で制作されています。辰秋作品は、制作数も少なく、そのほとんどが永住先に納まっている為、市場に出回ることは皆無に近い状態です。木を最も生かす辰秋ならではの傑作です。

    共箱・共布が付随致します。

    ほぼ未使用と云える素晴らしいコンディションです。

    口径 37.9cm×43.9cm

    500,000円(消費税・送料込)

  • 時代漆器 蒔絵螺鈿 菊花紋様 香合【明治期】

    漆器は専門外ですので詳しいことは分かりませんが、あまりの手の込んだ美しい仕事に思わず触手を伸ばしました。これぞ正に日本の世界に誇れる匠の技と云えましょう。口縁は錫縁と思われます。ほぼほぼ未使用と思われる完璧な状態で、無傷無欠点の作品です。高貴なる御道具と云った印象です。

    塗りの木箱をお付け致します。

    すこぶる良好です。

    口径 7.6cm×9.2cm
    高さ 3.2cm(蓋含む)

    350,000円(消費税・送料含)

  • 古伊万里 柿右衛門 花唐草文
    カップ&ソーサー(濁し手)【延宝期】

    古伊万里の多くの色絵を中心とした作品が、ヨーロッパへと輸出され、大絶賛の下、大流行となりました。柿右衛門も多くの作品が海を渡りました。さすがに柿右衛門は、特権階級である王家で珍重されることとなります。そのため、我が国に里帰りすることはほとんど考えられず、今も彼の地のお城(宮殿)や美術館の所蔵品となっております。
    本品もそのような作品群です。カップだけやソーサーだけならば稀に見かけることがありますが、カップ&ソーサーの揃い物はなかなかお目に掛かれることはないでしょう。色々と調べてみましたが、オックスフォード、アシュモリアン美術館に同手品が残るだけでした。またとない柿右衛門作品として、是非コレクションにお加え頂ければ幸甚でございます。

    新調の仕立て桐箱をお付け致します。

    類似掲載
    『宮殿の陶磁器 ヨーロッパを魅了した日本の芸術』

    カップは、無傷完品です。ソーサーの口縁に、最大3mmの釉薬のみの薄いアタリが数ヶ所あります。薄く小さいアタリですので、ほぼ無傷感覚です。

    カップ 口径:6.4cm 高さ:4.0cm
    ソーサー 口径:11.3cm

    650,000円(消費税・送料込)

  •   

    黒田辰秋 梅紙刀【辰秋真作・共箱】

    人間国宝・黒田辰秋の代表作品とも云える紙刀(ペーパーナイフ)です。辰秋は、自身の周りの文士たちにこのような紙刀を贈っています。柳宗悦、川端康成、武者小路実篤、白洲正子等々、多くの文士愛用の逸品となっています。

    辰秋共箱です。共布が付随します。

    ほぼ未使用品で、傷みはありません。

    長さ 36.5cm

    350,000円(消費税・送料込)

    黒田辰秋 拭漆 欅茶托 5枚組【辰秋真作・共箱】

    河井寛次郎らと共に、民藝運動に参加し、1970年に漆芸・木工家の初の人間国宝となった黒田辰秋。寛次郎や浜田庄司とは異なり、作品の現存数が少なく、熱狂的な人気があります。昨今では、ほとんど市場に出回ることはありません。木味をうまく残した巧みな漆芸。完成度の高い作品です。

    辰秋共箱です。共布が付随致します。

    5客ともに、痛みになく、良好な状態です。

    口径 約13.7cm

    400,000円(消費税・送料込)

12