特撰品

  • 古伊万里 染付 全面蛸唐草文 
    大振りのぞき猪口 5客組【宝暦期】

    少々大振りののぞき猪口です。器面全面に亘り、蛸唐草文が細かく丁寧に描かれています。5客ともに一切のにじみは見られず、最良の上がり・発色です。蛸唐草文ののぞき猪口は永きに亘り登場致しますが、その中でも最高峰の出来栄えと云える優品です。

    5客ともに、無傷完品です。

    口径 約5.6cm  高さ 約6.0cm

    85,000円(消費税・送料込)

  • 古伊万里 染付 蛸唐草文 七寸強皿 5枚組【享保~宝暦期】

    丁寧に描かれた二重線の蛸唐草文、細かく描き込まれた見込みの松竹梅文、手抜きを感じさせない裏絵付。中期古伊万里の蛸唐草文では、これ以上は望めないと云っても過言ではないお皿です。この手のお皿が無傷で揃うことは極めて稀で、そうそうお目に掛かれるものではありません。5枚の色調は色ブレもなく整っており、各々の上がり・発色も抜群です。寸法も七寸を超える大振りの寸法で、藍柿にも匹敵する最高ランクの蛸唐草作品です。

    当方新調の仕立て箱(本桐製)をお付け致します。

    5枚ともに、無傷完品です。

    口径 約21.6cm

    280,000円(消費税・送料込)

  • 古伊万里 藍柿 鶉杉菜文 盤形六寸皿
    【延宝盛期】

    藍柿と呼ばれる一群は、延宝期から元禄期にかけて、相当数が作陶されています。その中でも、延宝盛期、盛期藍柿と呼ばれる延宝期の作品は、その出来栄えから別格と云えます。そのほとんどは、美術館の所蔵となり、我々が手にする機会は皆無に近い状況です。その盛期作の中でも、更なる別格があります。本品は、まさにその別格で、寸法、筆致、上がり、器体等々、全てが規格外です。昔々に蒐集されたコレクターの方から入手する機会に恵まれました。高額品とはなりますが、必ずや、そのご期待に添えるものと確信いたしております。

    新調の仕立て桐箱をお付け致します。

    ※類似掲載
    『柴田コレクション 総目録』No.1928 同系品
    関和男氏刊 『盛期伊万里』 創樹社美術出版

    無傷完品です。

    口径 18.5cm

    価格は、お問い合わせ下さい。

  • 時代漆器 蒔絵螺鈿 菊花紋様 香合【明治期】

    漆器は専門外ですので詳しいことは分かりませんが、あまりの手の込んだ美しい仕事に思わず触手を伸ばしました。これぞ正に日本の世界に誇れる匠の技と云えましょう。口縁は錫縁と思われます。ほぼほぼ未使用と思われる完璧な状態で、無傷無欠点の作品です。高貴なる御道具と云った印象です。

    塗りの木箱をお付け致します。

    すこぶる良好です。

    口径 7.6cm×9.2cm
    高さ 3.2cm(蓋含む)

    350,000円(消費税・送料含)

12