特撰品

  •   

    黒田辰秋 梅紙刀【昭和期】

    人間国宝・黒田辰秋の代表作品とも云える紙刀(ペーパーナイフ)です。辰秋は、自身の周りの文士たちにこのような紙刀を贈っています。柳宗悦、川端康成、武者小路実篤、白洲正子等々、多くの文士愛用の逸品となっています。

    辰秋共箱です。共布が付随します。
    ほぼ未使用品で、傷みはありません。

    長さ 36.5cm

    350,000円(消費税・送料込)

    黒田辰秋 拭漆 欅茶托 5枚組【昭和期】

    河井寛次郎らと共に、民藝運動に参加し、1970年に漆芸・木工家の初の人間国宝となった黒田辰秋。寛次郎や浜田庄司とは異なり、作品の現存数が少なく、熱狂的な人気があります。昨今では、ほとんど市場に出回ることはありません。木味をうまく残した巧みな漆芸。完成度の高い作品です。

    辰秋本人による共箱です。共布有り。
    5客ともに、痛みになく、良好な状態です。

    口径 約13.7cm

    400,000円(消費税・送料込)

  • 古伊万里 元禄色絵 五彩手 花瓶文 大皿
    【元禄期】

    輸出用らしく、器体は兜形です。五彩手と呼ばれる輸出伊万里の中でも、ワンランク上の様式です。まるで、長崎立ちのような見事な色使いです。ほとんどが海を渡っておりますので、手に入れるのは、極めて困難です。この作品群はの最上手の裏絵は、色絵ではなく染付となります。まさに美術館レベルの傑作です。本品は、海外からの買い付け品となります。

    木箱をお付け致します。

    無傷完品です。
    画像よりご判断頂けるかとは思いますが、裏面の口縁と高台畳付の間1/3周にジカンが見られます。幸い表には、わずかしか通っていません。
    さほど、気になるものではないと思います。
    ニュウ、ホツ等、後世にできた傷はありません。

    口径 31.3cm

    250,000円(消費税・送料込)

  • 古満寛哉 蒔絵 乾山写し 春草文 菓子鉢
    【江戸中期】

    古満寛哉は、明和期に誕生し、天保期に没した蒔絵作家です。蒔絵の大家、柴田是伸の師匠にあたる作家です。乾山をモチーフにしているのが、面白く落手しました。いわゆる、「高蒔絵」で、蒔絵の技術は最高峰です。

    画像の通りの木箱をお付け致します。

    無傷完品で、めくれ等もありません。

    口径 20.8cm

    180,000円(消費税・送料込み)

  • 古伊万里 藍柿 松竹梅蛸唐草文 長皿 5枚組【元禄期】

    丁寧な二重線で描かれた蛸唐草文です。見込みの松竹梅文も実に細かく描き込まれ、裏絵付けや高台側面の文様に至るまで、一切の手抜きを感じさせません。これまでに数多くご紹介させて頂いた蛸唐草文長皿の中でも最も古作で、異次元の魅力を有しています。蛸唐草文長皿の中でも、最高ランクと呼ぶに相応しい逸品です。 1枚でも過分な魅力ある長皿ですが、5枚揃いの魅力は圧巻です。上がり・発色も均整が取れており、藍柿ならではの高級感をご堪能下さい。

    5枚ともに、無傷完品です。

    口径 約10.7cm×20.4cm
    高さ 約3.7cm

    250,000円(消費税・送料込)

  • 古伊万里 藍柿 花蛸唐草文 大徳利
    【延宝~元禄期】

    特大寸法の徳利です。蛸唐草文は二重線で大らかに描かれ、三方に牡丹が散らされています。見事な筆致と迫力あるサイズで、その存在感、高級感は圧巻です。この様式の立体物は、そのシルエットからも古伊万里最高の作品と云えるでしょう。

    新調の仕立て桐箱をお付け致します。

    無傷完品です。

    胴径 20.4cm 高さ 34.3cm

    400,000円(消費税・送料含)

12